これはPGroonga 2.X用のドキュメントです。古いPGroongaを使っているならPGroonga 1.xのドキュメントを見てください。

ストリーミングレプリケーション

PGroongaは1.1.6からPostgreSQL組み込みのWALベースのストリーミングレプリケーション機能をサポートしています。この機能を使うにはPostgreSQL 9.6以降が必要です。

PostgreSQL 9.5以前を使っている場合は、PGroongaと一緒に使える別のストリーミングレプリケーションの実装を使ってください。

WALをサポートしているといってもクラッシュセーフではないことに注意してください。WALベースのストリーミングレプリケーションをサポートしているだけです。もし、PGroongaのインデックスを更新している最中にPostgreSQLがクラッシュしたら、そのPGroongaのインデックスは壊れるかもしれません。もし、PGroongaのインデックスが壊れたらREINDEXで作り直さなければいけません。

このドキュメントではPostgreSQL組み込みのWALベースのストリーミングレプリケーション機能をPGroonga用に設定する方法を説明します。多くの手順は通常のストリーミングレプリケーションの設定手順です。いくつかPGroonga固有の手順があります。

概要

PostgreSQL組み込みのWALベースのストリーミングレプリケーション機能をPGroonga用に設定する手順は次の通りです。「[通常]」タグは通常のストリーミングレプリケーション用の手順であることを示しています。「[固有]」タグはPGroonga固有の手順であることを示しています。

  1. [通常] マスターとスレーブでPostgreSQLをインストールする

  2. [固有] マスターとスレーブでPGroongaをインストールする

  3. [通常] マスターでPostgreSQLのデータベース初期化する

  4. [通常] マスターでpostgresql.confpg_hba.confにストリーミングレプリケーション用の設定を追加する

  5. [固有] マスターでpostgresql.confにPGroonga関連の設定を追加する

  6. [通常] マスターでデータを投入する

  7. [固有] マスターでPGroongaのインデックスを作成する

  8. [固有] マスターでPGroonga関連のデータをフラッシュする

  9. [通常] スレーブでpg_basebackupを実行する

  10. [通常] スレーブでpostgresql.confにストリーミングレプリケーション用の設定を追加する

  11. [通常] スレーブでPostgreSQLを起動する

例で使う環境

このドキュメントでは次の環境を使います。

このドキュメントではCentOS 7用のコマンドラインを書いています。もし、他のプラットフォームを使っている場合は自分でコマンドラインを調整してください。

2017年7月03日現在、WALをサポートしている公式のPGroongaパッケージは次の通りです。これはWALサポートにはMessagePackとPostgreSQL 9.6以降が必要だからです。他のプラットフォームはこれら2つの条件を満たしていません。PGroongaをソースからビルドする場合は、ソースからインストールを読んでください。MessagePackと一緒にビルドする方法が書いています。

[通常] マスターとスレーブでPostgreSQLをインストールする

これは通常の手順です。

マスターとスレーブでPostgreSQL 9.6をインストールします。

マスター:

% sudo -H yum install -y http://yum.postgresql.org/9.6/redhat/rhel-$(rpm -qf --queryformat="%{VERSION}" /etc/redhat-release)-$(rpm -qf --queryformat="%{ARCH}" /etc/redhat-release)/pgdg-centos96-9.6-3.noarch.rpm
% sudo -H yum install -y postgresql96-server
% sudo -H systemctl enable postgresql-9.6

スレーブ:

% sudo -H yum install -y http://yum.postgresql.org/9.6/redhat/rhel-$(rpm -qf --queryformat="%{VERSION}" /etc/redhat-release)-$(rpm -qf --queryformat="%{ARCH}" /etc/redhat-release)/pgdg-centos96-9.6-3.noarch.rpm
% sudo -H yum install -y postgresql96-server
% sudo -H systemctl enable postgresql-9.6

PostgreSQL: Linux downloads (Red Hat family)も参照してください。

[固有] マスターとスレーブでPGroongaをインストールする

これはPGroonga固有の手順です。

マスターとスレーブでPGroongaをインストールします。

マスター:

% sudo -H yum install -y https://packages.groonga.org/centos/groonga-release-.noarch.rpm
% sudo -H yum install -y postgresql96-pgroonga

スレーブ:

% sudo -H yum install -y https://packages.groonga.org/centos/groonga-release-.noarch.rpm
% sudo -H yum install -y epel-release
% sudo -H yum install -y postgresql96-pgroonga

CentOSにインストールも参照してください。

[通常] マスターでPostgreSQLのデータベースを初期化する

これは通常の手順です。

マスターでだけPostgreSQLのデータベースを初期化します。スレーブではPostgreSQLのデータベースを初期化する必要はありません。

マスター:

% sudo -H env PGSETUP_INITDB_OPTIONS="--locale C --encoding UTF-8" /usr/pgsql-9.6/bin/postgresql96-setup initdb

[通常] マスターでpostgresql.confpg_hba.confにストリーミングレプリケーション用の設定を追加する

これは通常の手順です。

マスターでだけ次のストリーミングレプリケーション用の設定をpostgresql.confに追加します。

/var/lib/pgsql/9.6/data/postgresql.conf:

変更前:

#listen_address = 'localhost'
#wal_level = minimal
#max_wal_senders = 0

変更後:

listen_address = '*'
wal_level = replica
max_wal_senders = 4

マスターでだけ以下のストリーミングレプリケーション用の設定をpg_hba.confに追加します。

/var/lib/pgsql/9.6/data/pg_hba.conf:

変更前:

#local   replication     postgres                                peer
#host    replication     postgres        127.0.0.1/32            ident
#host    replication     postgres        ::1/128                 ident

変更後:

host    replication     replicator       192.168.0.0/24         md5

マスターでだけレプリケーションユーザーを作成します。

% sudo -H systemctl start postgresql-9.6
% sudo -u postgres -H createuser --pwprompt --replication replicator
Enter password for new role: (passw0rd)
Enter it again: (passw0rd)

[固有] マスターでpostgresql.confにPGroonga関連の設定を追加する

これはPGroonga固有の手順です。

マスターでだけpgronga.enable_walパラメーターの設定をpostgresql.confに追加します。

/var/lib/pgsql/9.6/data/postgresql.conf:

pgroonga.enable_wal = on

この設定を反映するためにPostgreSQLを再起動します。

% sudo -H systemctl restart postgresql-9.6

[通常] マスターでデータを挿入する

これは通常の手順です。

マスターでだけ一般ユーザーを作成します。

% sudo -u postgres -H createuser ${USER}

マスターでだけデータベースを作成します。

% sudo -u postgres -H createdb --locale C --encoding UTF-8 --owner ${USER} blog

マスターでだけ作成したデータベースにテーブルを追加します。

作成したblogデータベースに接続します。

% psql blog

entriesテーブルを作成します。

CREATE TABLE entries (
  title text,
  body text
);

作成したentriesテーブルにデータを追加します。

INSERT INTO entries VALUES ('PGroonga', 'PGroonga is a PostgreSQL extension for fast full text search that supports all languages. It will help us.');
INSERT INTO entries VALUES ('Groonga', 'Groonga is a full text search engine used by PGroonga. We did not know about it.');
INSERT INTO entries VALUES ('PGroonga and replication', 'PGroonga 1.1.6 supports WAL based streaming replication. We should try it!');

[固有] マスターでPGroongaのインデックスを作成する

これはPGroonga固有の手順です。

このデータベースにPGroongaをインストールします。スーパーユーザー権限が必要です。

% sudo -u postgres -H psql blog --command "CREATE EXTENSION pgroonga;"
% sudo -u postgres -H psql blog --command "GRANT USAGE ON SCHEMA pgroonga TO ${USER};"

再度一般ユーザーでPostgreSQLに接続します。

% psql blog

マスターでだけPGroongaのインデックスを作成します。

CREATE INDEX entries_full_text_search ON entries USING pgroonga (title, body);

作成したインデックスを確認します。

SET enable_seqscan TO off;
SELECT title FROM entries WHERE title %% 'replication';
--           title           
-- --------------------------
--  PGroonga and replication
-- (1 row)

[固有] マスターでだけPGroonga関連のデータをフラッシュする

これはPGroonga固有の手順です。

マスターでだけメモリー上にあるPGroonga関連のデータを確実にディスクに書き出します。以下のどれかの方法を使います。

  1. SELECT pgroonga_command('io_flush');を実行する

  2. すべての接続を切断する

pgroonga_command('io_flush')を使う場合は次のようになります。

SELECT pgroonga_command('io_flush') AS command;
--                     command                    
-- -----------------------------------------------
--  [[0,1478446349.2241,0.1413860321044922],true]
-- (1 row)

マスターでは、次のpg_basebackupの手順が終わるまではPGroongaのインデックスを使っているテーブルを変更してはいけません。

[通常] スレーブでpg_basebackupを実行する

これは通常の手順です。

スレーブでだけpg_basebackupを実行します。pg_basebackupはマスターから現在のデータベースをコピーします。

スレーブ:

% sudo -u postgres -H pg_basebackup --host 192.168.0.30 --pgdata /var/lib/pgsql/9.6/data --xlog --progress --username replicator --password --write-recovery-conf
Password: (passw0rd)
149261/149261 kB (100%), 1/1 tablespace

[通常] スレーブでpostgresql.confにストリーミングレプリケーション用の設定を追加する

これは通常の手順です。

スレーブでだけ次のレプリカ用の設定をpostgresql.confに追加します。

スレーブ:

/var/lib/pgsql/9.6/data/postgresql.conf:

変更前:

#hot_standby = off

変更後:

hot_standby = on

[通常] スレーブでPostgreSQLを起動する

これは通常の手順です。

スレーブでPostgreSQLを起動します。

% sudo -H systemctl start postgresql-9.6

これで、masterで挿入したデータをmasterで作成したPGroongaのインデックスで検索できます。

スレーブ1:

% psql blog
SET enable_seqscan TO off;
SELECT title FROM entries WHERE title %% 'replication';
--           title           
-- --------------------------
--  PGroonga and replication
-- (1 row)

pg_basebacup以降にマスターで追加したデータも検索できます。

マスター:

INSERT INTO entries VALUES ('PostgreSQL 9.6 and replication', 'PostgreSQL supports generic WAL since 9.6. It is required for replication for PGroonga.');

スレーブ1:

SELECT title FROM entries WHERE title %% 'replication';
--              title              
-- --------------------------------
--  PGroonga and replication
--  PostgreSQL 9.6 and replication
-- (2 rows)

スレーブ2:

% psql blog
SELECT title FROM entries WHERE title %% 'replication';
--              title              
-- --------------------------------
--  PGroonga and replication
--  PostgreSQL 9.6 and replication
-- (2 rows)