これはPGroonga 2.X用のドキュメントです。古いPGroongaを使っているならPGroonga 1.xのドキュメントを見てください。

pgroonga.match_escalation_thresholdパラメーター

概要

pgroonga.match_escalation_thresholdパラメーターはいつマッチエスカレーションが実行されるかを制御します。

マッチエスカレーションとは自動で条件のゆるい検索をする機能のことです。ヒット数がpgroonga.match_escalation_thresholdパラメーターで指定した閾値よりも小さい時、自動で条件のゆるい検索をします。これがマッチエスカレーションです。

デフォルトの閾値は0です。これは1件もヒットしない時は自動で条件のゆるい検索をするという意味です。

-1を指定することでマッチエスカレーションを無効にできます。

通常、このパラメーターを変更する必要はありません。自動で条件のゆるい検索をするとユーザーは便利になるからです。

構文

SQLの場合:

SET pgroonga.match_escalation_threshold = threshold;

postgresql.confの場合:

pgroonga.match_escalation_threshold = threshold

thresholdは数値です。

使い方

以下はマッチエスカレーションを無効にする例です。

SET pgroonga.match_escalation_threshold = -1;