これはPGroonga 2.X用のドキュメントです。古いPGroongaを使っているならPGroonga 1.xのドキュメントを見てください。

pgroonga_wal_apply関数

概要

pgroonga_wal_apply関数は未適用のWALを適用します。通常、この関数を使う必要はありません。なぜなら、PGroongaはINSERTDELETEUPDATESELECTのときなど自動的に未適用のWALを適用するからです。

構文

この関数の構文は次の通りです。

bitint pgroonga_wal_apply(pgroonga_index_name)

pgroonga_index_nametext型の値です。未適用のWALを適用したいPGroognaのインデックスの名前を指定します。

適用した操作数を返します。

この関数の別の構文は次の通りです。

bigint pgroonga_wal_apply()

すべてのPGroongaのインデックスに対して未適用のWALを適用します。

適用した操作数を返します。

使い方

サンプルスキーマとデータは次の通りです。

SET pgroonga.enable_wal = yes;

CREATE TABLE memos (
  content text
);

CREATE INDEX pgroonga_memos_index
          ON memos
       USING pgroonga (content);

INSERT INTO memos VALUES ('PGroonga (PostgreSQL+Groonga) is great!');

PGroongaのデータベースが壊れた状況を再現します。

SELECT pgroonga_command('delete',
                        ARRAY[
                          'table', 'IndexStatuses',
                          'key', 'pgroonga_memos_index'::regclass::oid::text
                        ])::json->>1;
--  ?column? 
-- ----------
--  true
-- (1 row)
SELECT pgroonga_command('table_remove',
                        ARRAY[
                          'name', 'Lexicon' ||
                                  'pgroonga_memos_index'::regclass::oid ||
                                  '_0'
                        ])::json->>1;
--  ?column? 
-- ----------
--  true
-- (1 row)
SELECT pgroonga_command('table_remove',
                        ARRAY[
                          'name', pgroonga_table_name('pgroonga_memos_index')
                        ])::json->>1;
--  ?column? 
-- ----------
--  true
-- (1 row)

これで未適用のWALがある状態になりました。明示的に未適用のWALを適用できます。

SELECT pgroonga_wal_apply('pgroonga_memos_index');
--  pgroonga_wal_apply 
-- --------------------
--                   7
-- (1 row)

PGroongaのインデックスの名前を省略できます。PGroongaのインデックスの名前を省略すると、すべてのPGroongaのインデックスのすべての未適用のWALを明示的に適用します。

SELECT pgroonga_wal_apply();
--  pgroonga_wal_apply 
-- --------------------
--                   7
-- (1 row)

参考