CentOSにインストール

このドキュメントはPGroongaをCentOSにインストールする方法を説明します。

サポートしているバージョン

サポートしているCentOSのバージョンは次の通りです。

CentOS 7にインストールする方法

CentOS 7にPGroongaをインストールする方法は次の通りです。

postgresql15-pgdg-pgroongaパッケージをインストールします。

$ sudo -H yum install -y https://download.postgresql.org/pub/repos/yum/reporpms/EL-$(cut -d: -f5 /etc/system-release-cpe | cut -d. -f1)-$(rpm -qf --queryformat="%{ARCH}" /etc/redhat-release)/pgdg-redhat-repo-latest.noarch.rpm
$ sudo -H yum install -y https://packages.groonga.org/centos/groonga-release-latest.noarch.rpm
$ sudo -H yum install -y postgresql15-pgdg-pgroonga

MeCabベースのトークナイザーを使いたい場合は、groonga-tokenizer-mecabパッケージもインストールする必要があります。

$ sudo -H yum install -y groonga-tokenizer-mecab

PostgreSQLを実行します。

$ sudo -H /usr/pgsql-15/bin/postgresql-15-setup initdb
$ sudo -H systemctl enable --now postgresql-15

データベースを作成します。

$ sudo -u postgres -H psql --command 'CREATE DATABASE pgroonga_test'

(通常はpgroonga_testデータベース用のユーザーを作ってそのユーザーを作るべきです。詳細はGRANT USAGE ON SCHEMA pgroongaを参照してください。)

作成したデータベースに接続し、CREATE EXTENSION pgroongaを実行します。

$ sudo -u postgres -H psql -d pgroonga_test --command 'CREATE EXTENSION pgroonga'

これで終わりです!

チュートリアルを試してください。PGroongaについてもっと理解できるはずです。